FC2ブログ

戦争がテーマの古本は、経年のヤケもタバコの匂いもある。コンディションもAmazonランキングも良くはない。商品説明のコメントをしっかり記載して出品したら売れた。

2013-05-15
半年以上も前のことだけど

彼女と散歩がてらバスに乗って

飯田橋のブックオフにいった。

せどりしてると戦争モノの単行本が何冊か目についた。

飯田橋から靖国神社は近いから

戦争関連の本が目立つのかな、とも思った。

コンディションは古本のレベルのものが多い。

汚れというよりも経年のヤケというのか

全体的にくすんでいる状態。

オレは鼻がよくないので

本に染み付いたタバコの匂いまではよくわからないけど

なにかしらの匂いを気にする人

気になるなるかもしれない雰囲気がある古本だった。

いつもは

コンディションが[良い]の本のみせどりするのだけど

古本ですと商品説明のコメントにしっかり書いとけばいいし

どうせ105円なんだから

迷っているヒマがあればせどりしたほうがいい。

んで

ここ最近になりやっと売れた。



ブックオフ105円 → Amazonマーケットプレイス FBA販売価格:1000円
西南戦争従軍記―空白の一日 風間三郎(著)
Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 690,818位



ブックオフ105円 → Amazonマーケットプレイス FBA販売価格:1000円
海底の少年飛行兵―海軍最後の特攻・伏龍隊の記録 門奈 鷹一郎(著)
Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 562,153位





下記の戦争がテーマの単行本も

飯田橋のブックオフでせどりしたもの。

コンディションは[良い]のため

FBA価格は1300円に設定して出品した。

しかし

定価1470円から170円しか安くなってない。

それだったら170円高くても新品を買ったほうが

確実にキレイだからいいのに・・・と思ったが売れた。



ブックオフ105円 → Amazonマーケットプレイス FBA販売価格:1300円
南京事件 国民党極秘文書から読み解く 東中野 修道(著)
Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 332,341位




下記の小野田寛郎の単行本

いや小野田先生の単行本は

FBA在庫に反映された当日に売れた。



ブックオフ105円 → Amazonマーケットプレイス FBA販売価格:1500円
たった一人の30年戦争 小野田寛郎(著)
Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 16,607位




FBA在庫にする前に

この小野田さんの本を思わず読みふけったのだけど

これは涙モノの本

おっさんになると

こういうのに感動しちゃうんだよなぁ。

久しぶりに感動したものだから

彼女に小野田さんのすごさを話したら

「つまらないっ」ってそっぽ向かれちゃったな。





▼105円単行本のせどりリスト の関連記事
⇒ Amazonで売れた高額単行本
⇒ Amazonで月に2回売れた単行本
⇒ Amazonで月に3回売れた単行本
⇒ せどりして失敗した単行本
⇒ よくせどりするタレント本とFBA価格
⇒ 事件や犯罪の単行本とFBA価格


スポンサーサイト



カテゴリ :戦争がテーマの古本とFBA価格 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

特徴のある小さめの本屋が、ここ最近、都内で何件かオープンしているとのこと。蔵書が5000冊のお店も。Amazonで在庫を10000冊持つということは、本屋を開業するレベルということかも。

2013-05-22
この前

歌舞伎町の店に出勤する彼女を送ったあと

ブックオフの西新宿小滝橋通り店でせどりした。

それから

ウチでラジオを聴きながら

せどりした古本の値札を剥がしたり表紙を磨いたりという

暗くて地味で孤独なクリーニングをせっせとしていた。

そのラジオからは

最近は特徴のある小さな本屋

都内に何件かオープンしていると流れてきた。

おしゃれな内装はもとより

住宅街にあったり

カフェ併設でゆっくりできたりとか

倉庫を改造した隠れ家的な本屋とか

本棚もテーマごとで単行本も文庫本も一緒に並べていたり

ノートパソコンを持ち込んで仕事ができる本屋だったり

ビールを飲みながら本が選べるとか


そんな本屋のひとつを調べてみた : 下北沢「B&B」 http://bookandbeer.com/
特徴のある小さな本屋が都内に何件かオープン


せっせと古本の表紙を磨きながら

ふーんと思って聞いていたら

どこの店なのかは聞き流していて忘れたけど

店長がインタビューで蔵書が5000冊だと言う。

本屋の蔵書など気にしたことはなかったのだけど

以外に少ないなとは思った。

前にも蔵書が15000冊という古本屋の雑誌の記事を見かけたことがある。

そういうところでいえば

オレがアマゾンのFBA在庫が2000冊で

目標のFBA在庫が10000冊だから

アマゾンのFBA在庫を10000冊持つということは

ちょっとした本屋を開業するレベルの在庫ということなのかぁ。

そういうことだと

10000冊の在庫ならば

ブックオフのせどりで簡単に儲けようなんて

ふざけたたこといってる場合じゃなくて

ちょっとした本屋さんなんだということも考えないといけないなぁ。

そうだな

どうせやるんだったら

おっさんの古本屋でござい、みたいのじゃなくて

内装はアンティークショップみたいなおしゃれな感じだな。

夢がふくらむなあ。

オレ、なんのかんのいっても本好きだし。

そうだね

こうなったら

スタッフは全員オンナだね。

オレが全員しっかりと面接。

採用基準は雰囲気とスタイル重視。

たとえば

本がそれとなく似合う知的でスタイルがいい30がらみだったら、即、採用。

もの静かでエプロンが似合う人妻とかもいいね。

大人びた女子高生のバイトをシフトに入れてみるのもいいかもしれない。

これはいいお店だなぁ。

オレはオーナーとして奥の事務所で昼寝でもしてさ。

ちょっと気働きするオンナはガツンと愛人にしてもいいな。

そうとなったら

本なんてチマチマ売らせてないで

歌舞伎町に連れて行って

おっぱいパブでもヘルスでも働かせればいいんだしな。

・・・なんの話かよくわからないだって?

わからないと思うな。

もう

すでに

オレもわけわからないんだから。






カテゴリ :小さな本屋のオープン! トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>