FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

アマゾンに出品のせどりブログを読むでいるとロングテールの法則が・・・・とよく記載されている。今日、ロングテールの法則の意味がやっとわかった。

2012-01-03
パチンコ屋に学ぶ経済学という本をアマゾンに出品するときに

本文に線引きがないかをチェックするために、ページをペラペラとしていたら

ロングテールの法則 という文字が目に付いた。

せどりブログでなんやらよく聞く言葉だけど、まったく意味がわからない。

少しだけ読んでみると、アマゾンの売上げが例えとして記載されている。


簡略すると・・・・

『 アマゾンには230万品の書籍が販売されている。

売上げのトップ群は、もちろんベストセラー書籍になる。

ここから年に数冊しか売れない230万位の書籍まで続く。

すると、このチリが積もった売り上げの総額が

アマゾン全体の売上げに大きく貢献している 』


細かくいうと・・・・

『 アマゾンランキングが13万以下の書籍の販売額の合計が

売上げの57%に達している 』


まあ、要するに・・・・

『 不人気商品でも数多くおけば、売上げに対するウェイトも大きくなる 』


・・・・ということらしい。

なるほどねぇ。

アマゾンランキングが50万でも100万でも

ガバーと思いっきりせどりしても大丈夫ってことなぁ。

オレは携帯サーチをしながらせどりをしてないから

アマゾンランキングは関係ないけど。

いずれにしても

たそがれ親父のせどりノート レベルまでは

ほど遠いななぁ。





パチンコ屋に学ぶ経済学 [単行本]  伊達直太(人生戦略会議) (著)













スポンサーサイト
カテゴリ :Amazonのロングテールとは? トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ブックオフ 西新宿小滝橋通り店で、また、105円コーナーで単行本を適当にせどりをする。1回に単行本をせどりするのは、だいたい20冊くらい。

2012-01-12
1回のせどりで20冊というのが

なんでかといえば

それ以上だと

ブックオフからウチまで歩いて帰るときに重たいから。

今日は、5冊せどりして終了にした。

なんでかといえば

行儀のわるいセドラーとかいう人がいたから。

必死で携帯サーチしてるのはいいけど

本棚から抜いた本を置きっぱにして散らかし放題。

本棚の戻しかたも雑だし。

まあ

彼のボサボサの髪と

血色悪い顔とキョロ目がそう思わせたのかもしれないね。

それで

こういう行儀の悪いセドラーとかいう人をみると

衝動的にせどりを廃業したくなるんだよなぁ。

なんだか、本棚の下の引き出しも勝手にあけていたし。

それで、もう、本が散らかってるのが気になっちゃう。

だから、彼が去ったあとオレが本棚を整頓したよ。

そしたら

なんでか知らないけど


アタマにくる一言へのとっさの対応術



がとびとびに何冊もあるものだから

一体、何冊あるんだろうと、一箇所にまとめてみたら12冊も並んだ。

並べたとたんに、『オレはこんなことをしてる場合じゃない!』と我にかえった。









カテゴリ :せどりして失敗した単行本 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。