FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

AmazonのFBA在庫を365日以上してる商品には長期保管手数料が課金される。売れそうにもない書籍は所有権の放棄をした。同時にFBA納品センターで破棄依頼をした。

2013-08-23
 
アマゾンさんからメールがきた。

タイトルは『FBA長期在庫保管手数料 課金対象予定商品のご連絡』。

8月15日の時点で

365日以上保管しているFBA在庫に対して

事前に今後6ヶ月分の長期保管手数料の課金があるとのこと。

この長期保管手数料とやらは

10cmx10cmx10cmあたり170円だから

ざっくりと単行本1冊あたり170円ということかな。

まず

こういうコストに適当なのもオレのダメなところだね。

それなんで

ダラダラとFBA在庫にしていても

このまま売れそうにない書籍は

所有権の放棄をすることにした。

その所有権の放棄と同時に

FBA納品センターから自宅に送り返すのか

FBA納品センターで破棄をするのかに決めることになる。

該当する1年6ヵ月以上のFBA在庫の本は

どれも読みたい書籍がなかったので

所有権の放棄をしてからFBA納品センターで破棄をすることにした。



■オンライン(手動)で返送/所有権の放棄依頼を作成する
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=help_search_1-6?ie=UTF8&nodeId=200735950&qid=1346370023&sr=1-6



FBA在庫にして2年以上経つのに

今回が所有権の破棄依頼するのは初めて。

こういう細かいAmazonのシステムを理解してないのも

オレのダメなところだね。

まあ

以外に簡単に完了した。



▼▼ セラーセントラルからFBA在庫へ。
所有権の放棄依頼-セラーセントラルトップの画像

▼▼ 商品にチェックを入れる。
所有権の放棄依頼-FBA在庫の画像

▼▼ ページの上下にあるロップダウンメニューの[ 返送/所有権の放棄依頼を新規作成 ]
所有権の放棄依頼-ドロップダウンメニューの画像

▼▼ [ 所有権の放棄 ]にチェックをいれる。
所有権の放棄依頼-所有権の放棄にチェックの画像

▼▼ 下にスクロールして・・・
所有権の放棄依頼-数字を入れて続けるの画像

▼▼ [ 販売可能な数量 ]に個数を入力する。
所有権の放棄依頼-完了の画像



所有権の破棄依頼の完了まで全部で7回のクリック。

入力するのは個数の1回だけ。

FBA在庫を管理するセラーセントラルには

該当する書籍が破棄依頼中と表示されていた。

そして

数日後には破棄完了と表示されていた。

思ったより簡単に所有権の放棄と破棄依頼ができる。

この所有権の放棄の手数料は1冊10円。

さすがアマゾンさん

こんなにも簡単で手数料もわずかだったら

思わず

赤字のやけくそで

あの本もこっちの本も破棄しちゃいそうだよ。













スポンサーサイト
カテゴリ :所有権の放棄依頼 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。