FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

せどりからFBA在庫への作業の効率をUPさせたい。作業を項目別に仕分けて記録して集計をしてみることにした。目的は作業単位ごとに時間を管理して集中して効率UPをさせるため。

2013-03-05
ちょっとマジメにせどりを考えてみた。

まずは

作業の効率をUPでもしていこうか。

それで

せどりから出品完了までの作業内容をキチンと把握しないといけないので


[1]せどりからFBA在庫完了までの作業を項目別に仕分ける

[2]仕分けた作業項目別に時間数を記録して集計する



・・・というところから始めたいと思う。

これが

どうして出品作業の効率UPするのかというと


作業単位ごとに時間が管理できるので集中できる。


・・・・という効果を期待したい。

具体的にいえば

ブックオフでせどりをして

ウチに単行本が100冊ほど山積みになっている、とする。

こういうときに

今までは

感覚的にさてやるか、と

ダラダラと出品作業をして

途中で横になってオナニーなどしてしまったこともあった。

ええ

ハッキリいってオナニーは基本ですから。

・・・それで

こういうダメなところが

作業単位ごとに時間を管理することによって

何時までにこの作業を終わらせよう!

とか

次はこの作業をして、これをやろう!

など

自分自身が計画的に動けるようになるんじゃないのかと期待したい。

なんせ

オレのモットーのひとつに

人にやさしく自分に甘くっていうことで

43歳までやってきたものだから

こういうことでもしないと

作業の効率UPなんてできないんだよなぁ。





スポンサーサイト
カテゴリ :作業を仕分けて集計する トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

古本せどりからFBA出品の作業は大きく分けると4項目。古本のせどりする、クリーニングして検品する、エクセルにデーター入力する、納品設定して発送する。この4項目の作業を細分化してみた。

2013-03-08
古本せどりからのFBA在庫完了までの作業は大きくは4項目ある。


[1]古本をせどりする
[2]クリーニングして検品する
[3]エクセルにデータ入力する
[4]納品設定して発送する



この地味な作業の流れは

初心者から大量出品者までほとんど同じだと思う。

さらにくわしく分けると


[1]古本をせどりする
・ブックオフにいきせどりをする

[2]クリーニングして検品する
・値札はがしをする
・表紙を水拭きして空拭きする
・クリアパック(OPP袋)に入れる


[3]エクセルにデータ入力する
・価格入力をする
・コンディション入力をする
・SKU入力する
・AmazonにデータをUPする


[4]納品設定して発送する

・管理ラベルを貼付けする
・箱詰めする
・伝票を貼付けする
・ヤマトで発送する



この流れの作業を3ヶ月くらい集計して


それぞれの作業にどのくらいの時間数が必要なのか?

どのくらいの時間で何冊のFBA出品ができるのか?



ということを把握したい。

まあ

古本せどりがいかに割が合わないかってことが

よくわかる結果になると思うけど。

これから気軽に古本せどりをはじめたいって人は

ぜひ

思いとどまってほしいっていうのも第2の目的だね。







カテゴリ :作業を4項目に仕分ける トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

FBA在庫への作業効率UPのためにクリーニングの作業時間を集計してみた。ブックオフでせどりした中古本の値札はがしには1冊1分かかる。

2013-11-30
作業効率をUPするために、ここ3ヶ月ほど作業時間を集計してみた。

せどりした中古本のクリーニングの最初は、値札はがしになる。

値札は基本的に爪先ではがす。

100均のシールはがしスプレーと冬場はドライヤーを使う。

それで

値札はがしをする時間の平均を集計してみた。

・50冊で50分~100分程。
・30冊で30分~60分程。


要するに1冊あたり1分強。

時間の幅があるのは、集中力の違いだけかな。

あと補足としては

値札はがしをしながらページをペラペラとめくり

中古具合のコンディションの確認をする時間も含まれる。

裏表紙を開いたところに値札が貼ってある本もある。

そこの部分に鉛筆で値段が書いてある本もある。

これは、消しゴムで消す

本文に線引きがあったりページの折り曲げがあったりする。

これは、あとあとのために附箋にメモ書きして貼っておく。

それから

値札はがしをしたあとの中古本は

同じ大きさに仕分けて、ひとまとめにしておく。

それなんで

1冊1分というのは、ただ単に値札をはがす時間だけでなくて

コンディションのチェックして附箋にメモ書きしたり

大きさごとに仕分けてまとめたりの

こまごました時間も含めての1冊1分ってことになる。

結論としては

値札はがしの作業効率をUPするには

ダラダラやらないということかな。


~ 続く ~





  
カテゴリ :クリーニング - 値札はがし トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。